災害救助犬

2011/10/26

頑張りました。

 久しぶりの日記です。

 にいちゃんがやっているものはやりたい!!
 にいちゃんより、おいらのほうがなんでも上手なんだ!!

 という”うぬぼれ”優が、昨日、福島県の災害救助犬施設で災害救助犬の試験を受けてきました。

 もともと、救助犬はJOYがメイン。
 グラタンにもなったし、ついでに優もやってみよう!っていうのがことの始まり。

 いつも「ついでの優」
 知らない人には吠えられない・・・
 そんな優が試験を受けられる日がくるとは・・・かぁちゃん自身考えていませんでした。
 正直、今現在の優のレベルは・・・
 1回目JOYが試験を受けた時よりも全然できていない状態(うぬぼれ優には声をだしていってはいけませんよ)。
 でも、今までの訓練の成果をみてみよう!!ってことでのお受験でした。

 だから結果は、×です。

 でも、優、頑張りました。

 初めに服従作業でした。雰囲気を察したのか、優の表情があまりよくなく、
 シッポ下がり気味・・・

 いきなりの1グループ目の3番目。休止からスタートだったのですが・・・
 あの雰囲気に耐えられず・・・3秒と待てず・・・でした。

 う~ん、場馴れが必要!!
 この雰囲気の中、JOYはよく休止していたなぁ~なんて思いつつ・・・

1.レスキューシューズをはいての脚側行進
  違和感に後ろ右足をあげてしまう。
2.銃声がなる脚側行進
  銃声がなると知っているので、脚側について歩けない。
  銃声が鳴ると驚き、お目目があけていられない。
  帰りの速歩、かなり遅れてしまう
3.据座・招呼で途中立止。
  休止ができなかったので、据座を心配していたが大丈夫だった。
  けど、トロトロ歩いてくる。「まて」の指示はちゃんとできたけれど・・・
  走って来ないなんて優らしくない。
4.前進
  5mしか前に行けない。仕方ない、まだ、前進は未完成だもの。

 そのあとの、渡橋、シーソー、トンネルは問題なくこなし・・・

9.瓦礫歩行
  瓦礫のにおいをかいでしまった。

 全体的に、脚側停座がよくなく、練習不足を感じました。


 休止が全然ダメダメだったので、かえって気分の切り替えができました。
 お試しお受験だからね~。
 ちゃんと捜索ができるかをやりたかったのよ~。

 なんて、お気楽なかぁちゃん。
 でも、そうだった、捜索の前に”告知”という難関が!!
 ”告知”ができないと捜索ができないのです。

 順番が来るまで、ほえろの練習。
 チュー太郎が出てきてうれしくなったのか、楽しそうにほえろができていたのですが・・・・
 イザ!出番となると・・・

 吠えられない。
 目の前で隠れたから、「ここにいる」というのはわかっているはずなのだけれど
 吠えられない。
 上に穴があるのか確認したり(ないのはわかっているはずなのに)
 周りをちょこちょこ走り回り・・・どうしたらいいのかわからない状態。
 いるのはわかってる。
 でも、吠えられない・・・。
 優を信じて何も言わず待ってみる。
 でも吠えられない。穴はどこだ!!とまた上に上がってみる。
 ダメか・・・
 吠えて!吠えてよ!!っとかぁちゃんの心の声。
 でも、やっぱり吠えられない。
 もう、ダメね・・・。知らない人だもんね、仕方ない・・・とあきらめたとき
 優が吠える態勢になって、吠えた!!
 ちょーうれしかった。もうだめだっと思っていただけに・・・
 でも、かぁちゃん、そのあとどうすればいいのかすっかり忘れてしまったけれどね。

 でも、捜索をする切符を得ることができた!!

 で、捜索。
 最初に審査員さんに
 「小型犬なので、高いところは抱いて行っていいですか?」
 と確認したところ・・・露骨に嫌な顔。
 「一番上まではダメ。その途中までだったら構わない」
 えっ?JOYの時は、全然かまわないといっていたのに、途中までだっこして行っても、そこから助走なしで上がらせるのはかわいそうじゃない!!
 と、だっこしていく方が、優にとっては負担になるだろうと判断。
 わざと1番の建物(スペースハウス)から遠い場所を選び、「探せ!!」を指示。
 助走をちゃんととったので難なく上ることができました。

 ちゃんと人を2名発見し、問題なく吠えることができました。
 (なんだったんだ?あの告知は!!)


 思ったよりもよかった捜索。
 人を探す意欲もあって、いる、いないをちゃんと理解している様子。
 練習では、ハイテンションな優をコントロールできないことを悩んでいたけれど、
 緊張感があると足して2で割るではないけれど、ちょうどいい感じでした。


 優、頑張ったね!
 あの雰囲気の中、病み上がりにしては、あれだけできれば◎だよ。

 やっぱり、JOYにしても優にしても
 ネックになるのは、服従作業なんだな~
 かぁちゃんが苦手にしているから、ワンたちにも出るんだろうな~。


 「ついでの優」が、もしかすると救助犬になれるかも??
 と、うぬぼれ親バカかぁちゃん。
 救助犬訓練に前向きになれる試験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)